米CoWare, Inc.と米Rambus, Inc.は,CoWareのESLツール「Platform Architect」が,RambusのXDRメモリー・アーキテクチャに対応可能になったと発表した(日本語ニュース・リリース英文ニュース・リリース)。

 XDRメモリー・サブシステムの設計におけるアーキテクチャの検討や,ハードウェアの設計検証,ソフトウェア性能検証などが,Platform Architectで可能になる。この実現のために,CoWareは,XDR関連のTLMモデルを供給する。

 XDRメモリ・コントローラ,メモリ・コントローラ・インターフェイス(PHY),3.2G~4.8Gビット/秒のXDR DRAMなどに対してモデルが用意される。いずれのモデルも,SystemCで記述されている。