PR

 「ISSCC 2009」の「Session 19:Analog Techniques」では,COMSアンプやフィルタなどのさまざまなアナログ技術分野において,従来手法にとらわれない斬新な設計手法や回路方式の提案が続出した。特に,オランダのDelft University of TechnologyとNational Semiconductor社がそれぞれ発表した低雑音CMOSアンプ(論文番号:19.1,19.2),東芝が発表したBluetooth受信機向けCMOSバンドパス型フィルタ(論文番号:19.7),米University of Michiganによる医療センサー・システム向け低消費電力タイマー回路(論文番号:19.3)の発表に注目が集まった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料