PR

 「ISSCC 2009」のSession 8「Multimedia Processors」では,種々のフルHD対応チップが登場した。ルネサス テクノロジは携帯電話機向けアプリケーション・プロセサ,台湾MediaTek Inc.はBlu-ray Disc(BD)プレーヤー向けSoC,台湾National Taiwan Universityはマルチビュー・エンコーダ・チップでそれぞれフルHDに対応した。さらに,低電力化に工夫を凝らしたチップも続々と登場している。慶応義塾大学および韓国KAISTは認識用チップ,オランダNXP Semiconductors社らはJPEG用の極低電圧動作チップ,パナソニックは45nm世代の携帯電話機向け低電力SoCをそれぞれ発表した。この分野におけるアジア勢の強さも続いている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料