PR

 「ISSCC 2009」の「Session:17」では,「Energy-Aware Sensor Systems」というテーマの下に,限られたエネルギー供給で自律的に動作する小型無線センサの関連技術について,包括的な議論が繰り広げられた。前半は,自律的センサ・システムの具体的なアプリケーションを示したシステム・レベルの発表が3件あった。後半の発表では,各種のエネルギー・ハーベスティング技術の進展が示された。センサ用エネルギー・ハーベスティング技術とその無線応用が一堂に会したセッションであり,ユビキタス無線センサの応用は間近に迫っていると感じることができた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料