PR

 ホンダは,カセットボンベを搭載し,液化ブタン(LPG)を燃料とする小型の耕運機「ピアンタ FV200」を開発した(図1)。ガソリンを使う従来機種に比べて手軽に扱えるのが特徴。3~30坪程度の土地で家庭菜園を営む初心者をターゲットとして,2009年3月3日に発売する予定だ。価格は10万4790円(税込み)。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料