PR

米ライス大学は米国時間2009年2月9日,「確率的論理」と呼ぶ方式で演算する新型CMOS(相補型金属酸化膜半導体)である「Probabilistic CMOS(PCMOS)」を開発したと発表した。シンガポールのナンヤン工科大学(NTU)と共同で検証したもので,演算精度を犠牲にする代わりに,動作時の消費電力を減らしている。試作ASIC(特定用途向け集積回路)は,最先端の現行技術に比べ7倍高速であるにもかかわらず,消費電力が30分の1で済んだという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料