PR

慶應義塾大学らは,64個のNANDフラッシュ・メモリ・チップを3次元積層してSSD(solid state drive)を実現するための誘導結合通信技術を「ISSCC 2009」で発表した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料