PR

 プジョー・シトロエン・ジャポンは、ブレーキランプスイッチの不具合により、「308」や「C4」など合計25車種、2万388台をリコールすると発表した。スイッチ内部の接点の電気負荷に対する容量が不足しているため、ブレーキ操作を繰り返すことで接点が消耗する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料