PR

 産業技術総合研究所は550℃で作動し、極めて小さなSOFC(固体酸化物型燃料電池)を開発した。円筒形セルの寸法を極端に小さくすることによって体積に対する電極面積の比率を高めることを狙った。小型ながら高出力の燃料電池が実現する。直径0.8mmという針のようなモジュールを25本集積し、角砂糖の大きさで3Wの発電能力を持つSOFCを作ることができる(図1)。ほかに、はじめから集積した形で一体に押し出し、その中に250セル/cm2以上を配置することもできる(図2)。コージェネレーション用途のほか、自動車のAPU(補助動力装置)への応用を狙う。2009年2月18~20日に東京ビッグサイトで開かれる「nano tech 2009国際ナノテクノロジー総合展」のNEDOブースに展示する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料