PR

 「ISSCC 2009」の「Session 23:PLLs and Clocks」では,アナログ・サンプリング技術を駆使したPLLが登場し,注目株となった。米Arizona State Universityと米Intel Corp.のグループや,オランダUniversity of Twenteと米National Semiconductor社のグループが発表した。デジタル信号処理を活用し,位相雑音やスプリアス性能の改善を狙った昨年のPLLとは異なる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料