PR

 ドイツVolkswagen社は、東芝と電気自動車(EV)の駆動ユニットおよびパワーエレクトロニクスを共同開発することで合意したと発表した。Volkswagen社はこれらを新しい小型車に搭載するという。さらに、Volkswagen社では、EVを量産化するには特にLiイオン2次電池に関する技術開発を進めなければならないとし,東芝と次世代EV向けに高エネルギー密度の電池システムを共同開発することも計画している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料