PR

「ISSCC 2009」のSession 21「10Gb/s-to-40Gb/s Transmitters and Receivers」は,NECら,富士通研究所らによる40Gビット/秒の送受信IC,米University of California,Irvine(UC Irvine)からの40Gビット/秒の2:1 MUX,40Gビット/秒の7-tap FFEをはじめとした10Gビット/秒を超える速度で動作するCMOS ICの最先端技術を紹介するセッションだった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料