PR

 「ISSCC 2009」のSession 22「PA and Antenna Interface」はその名の通り,最新のWiMAXからミリ波にいたる機器のフロントエンド部,パワーアンプとアンテナ回りの回路を集めたセッションである。ここでもCMOS回路技術の進展がめざましく,すべての無線回路を集積化した1チップ・ラジオの実現を予感させるセッションとなった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料