PR
「Engineering Stimulus Package」について説明する米DS SolidWorks社CEOのJeff Ray氏
「Engineering Stimulus Package」について説明する米DS SolidWorks社CEOのJeff Ray氏
[画像のクリックで拡大表示]

 米Dassault Systemes SolidWorks社は,世界的な景気低迷を受けて,技術者向けに3次元CAD「SolidWorks」の操作教育を推進する事業「Engineering Stimulus Package」を開始する意向を発表した。主に職を失った技術者に向けて,SolidWorksのライセンスと,初期段階の操作教育を無償で提供するもの。同社は前回の不況に当たる2001年にも類似の事業を実施した経験がある。

 前回と異なるのは,操作教育の認定プログラムのうち最も初級に当たる「CSWA(Certificate SolidWorks Associative」の取得を目指すと規定している点。各国で展開している操作教育の拠点と人員(インストラクタ)をそのまま生かす形で実行する。同社にとっては,SolidWorksを操作できる技術者の数を増やすことで,景気回復後の導入数増加を見込める。

 実施地域は「国際的に実施したいと思っている」(CEOのJeff Ray氏)が,日本で実行するかどうかは未定。実施期間は「必要な限り続けたいが,できれば1日か2日で済むとよい(不況は長く続かない方がよい)と思っている」(同)という。