PR
図1 2009年後半に発売予定の新しい携帯電話機「Idou」(試作名)を発表
図1 2009年後半に発売予定の新しい携帯電話機「Idou」(試作名)を発表
[画像のクリックで拡大表示]

 英Sony Ericsson Mobile Communications ABは,「Mobile World Congress 2009」の開幕前日にスペインのバルセロナで記者発表会を開催し,2009年後半に発売予定の携帯電話機「Idou」(試作名。「アイドゥー」と発音する)などを発表した(図1)。Idouには「WalkmanシリーズやCyberShotシリーズで培った技術をすべて盛り込んだ」(Sony Ericsson社)とする。

 Idouは3.5型のタッチパネル・ディスプレイで操作する端末で,ボタンはディスプレイ側の面に3個と,側面の片側に数個備えるだけである(図2図3)。1210万画素のカメラ機能や,音楽や動画といったコンテンツの再生機能などを持つ。「既存のWalkmanシリーズやCyberShotシリーズでできることはすべてできる」(Sony Ericsson社)。特定の市場に向けた端末ではなく,「グローバルに提供していく」(同社)計画である。

 Sony Ericsson社やIdouを,今回打ち出した新しいブランド・コンセプト「Entertainment Unlimited」を象徴する端末と位置付ける。2009年夏ころに,新しいエンターテインメント・サービスと一緒にIdouの製品版を発表する予定。OSはSymbianを利用した。なお,Idouの名前は,「日本語の『移動』に由来する」(Sony Ericsson社の開発担当者)。「それほど深い意味を込めたわけではないが,『新しい場所に移る』といった意味でIdouという言葉を使ってきた」(同)。

 Entertainment Unlimitedというブランド・コンセプトについてSony Ericsson社 Corporate Vice President and Head of Creation & Development GroupのRikko Sakaguchi氏は「今回はSony Ericssonとして何をやりたいかという原点に立ち戻った。コミュニケーションこそがエンターテインメントであり,それを実現する携帯電話機やサービスを提供していくという主張を伝えたかった」と説明する。

 Sony Ericsson社は合わせて,Walkmanシリーズ携帯電話機の新機種「W995」を発表した(図4)。無線LAN機能を搭載する端末で,DLNAのサーバー機能を備えた。DLNAのクライアント機能を持つテレビなどで,W995内のコンテンツを再生できる。

 無線LANやHSPAでネットワークに接続できるW995に適したサービスとして,動画のサブスクリプション・サービス「PlayNow Movies」を開始することを明らかにした。Sony Ericsson社は既に,欧州を中心にDRMフリーでの音楽配信サービス「PlayNow Arena」を提供している。またスウェーデンの携帯電話事業者であるTelenor社と共同で,毎月の定額料金で楽曲をダウンロードし放題のサブスクリプション・サービス「PlayNow Plus」を2008年9月に始めていた。

この記事を英語で読む

図2 3.5型のタッチパネル・ディスプレイで多くの操作を行う。ディスプレイ面には,オンとオフと決定の3個のボタンを配置するだけである
図2 3.5型のタッチパネル・ディスプレイで多くの操作を行う。ディスプレイ面には,オンとオフと決定の3個のボタンを配置するだけである
[画像のクリックで拡大表示]
図3 背面には1210万画素のカメラ・モジュールを配置した
図3 背面には1210万画素のカメラ・モジュールを配置した
[画像のクリックで拡大表示]
図4 Walkmanシリーズの新機種「W995」
図4 Walkmanシリーズの新機種「W995」
[画像のクリックで拡大表示]