PR

 米Adobe Systems Inc.は2009年2月16日,スペイン・バルセロナで開催中の「Mobile World Congress」(MWC)で,組み込み向けFlashプログラム実行環境を後から配布可能にした「Flash Lite 3.1 Distributable Player」を発表した。これまではあらかじめ機器メーカーがインストールしたFlash Playerしか利用できなかったが,Distributable Playerを使うことによってコンテンツ提供者が実行環境を配布できるという。対象とするOSは,当面フィンランドNokia社の「S60」と米Microsoft Corp.の「Windows Mobile」である。

 Distributable Playerは,言わばパソコンで実現してきたFlash Playerの配布システムを携帯電話機でも実現しようというものだ。Adobe社は次世代のFlash Playerやスタンドアロン用の実行環境「AIR」の共通仕様を定める「Open Screen Project」で,これらのライセンス条件を緩和することを明言している。Open Screen Projectに参加する条件の一つが,パソコンと同じように動的に実行環境を更新できるようにすること。今回のDistributable Playerは,その一つの通過点となりそうだ。

 なおAdobe社はMWCで,Open Screen Projectに米Palm Inc.が参加したことや,フィンランドNokia社と共同でOpen Screen Projectに1000万ドルの出資を行うことを併せて発表している。