PR
4/1朝まで
どなたでも有料記事が読み放題「無料開放デー」開催中!

 フランスValeo社とフランスMichelin社は、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車の駆動システムなどを共同開発することで合意したと発表した。電気駆動システムのほか、エンジンや電池の冷却制御システム、エアコン、照明、エネルギ制御システム、タイヤなどを共同開発するという。

 Valeo社は、電気システムやエンジン制御システム、エアコンなどを手掛けている。さらに、フランスPSA Peugeot CitroenグループやフランスRenault社の第1世代EV1万台以上に駆動システムを供給した実績を持つ。今回の共同開発では、Valeo社はこれらの経験を生かし、Michelin社はタイヤとホイール技術のほかインホイールモータ「Active Wheel」とその関連技術についての専門知識を提供する。