PR

 日立製作所は,ネットワーク機器内のプリント基板間でのデータ伝送を高速化しながら消費電力を削減できる回路技術を開発した。基板間で信号を送受信する際のA-D変換回路に用いる演算増幅器(オペアンプ)ICを,コンデンサやスイッチなどの受動素子に置き換えることで実現した。今回の技術を使って,通信速度10Gビット/秒の受信回路を試作したところ,消費電力を従来に比べて約40%低減できたという。同社は今回の技術を,2009年2月8~12日に米国サンフランシスコ市で開催された「ISSCC 2009」で発表した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い

登録会員(無料)が読めるお薦め記事


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)