PR

 ドイツInfineon Technologies AGは,同社従来品に比べてQrr(逆回復電荷)を約40%小さくしたSiC製ショットキー・バリア・ダイオード(SBD)を開発した。同社のSiC製SBDの第3世代品と位置付ける。太陽光発電システムのインバータのほか,スイッチング電源,力率改善回路(PFC)などの利用を想定する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料