PR

 ラティス・テクノロジー(本社東京)は2009年2月17日,軽量3次元データ形式「XVL」の新しいフォーマット「U-XVL(Unified XVL)を開発したと発表した。従来の「V-XVL」と比較すると,圧縮率を高めてファイルサイズを約1/2としたほか,初期表示に必要な時間やメモリーの消費量なども改善した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料