PR

 中国政府 工業&信息部(情報産業省)の無線電管理局は,中国において1900M~1920MHz帯で提供されている無線アクセス・サービス(PHSサービス)を2011年末までに廃止することを,関連する通信事業者や各省庁に対し通知した文面を公開した(中国語の発表資料Tech-On!の関連記事)。廃止の理由として,同周波数帯をTD-SCDMA方式の第3世代移動体通信システム用として利用することを挙げている。

 2009年1月9日付けの同通知文は5項目から成る。

 現時点で同周波数帯を利用する通信事業者である中国China Telecom社(中国電信)と中国China Unicom社(中国聯通)に対して,
(1)2011年末までに現行サービスを停止し同周波数帯を無条件に返上すること,
(2)同周波数帯を利用するサービスで新規ユーザーの獲得やサービス地域の拡大を即時に停止すること,
(3)同周波数に隣接する1880M~1900MHz帯のTD-SCDMAシステムに現行サービスが悪影響を与えないようにする対策を取ること,
(4)現行ユーザーの利益を損ねないように,サービスの停止計画を立てること,

 各地域の電波管理局に対して,
(5)1900M~1920MHzの違法使用に対する取り締りを強化すること,
の5項目である。