PR

 市場調査会社の米In-Stat Groupは,携帯型音楽/動画プレーヤの世界売上高が今後は縮小するとの予測を発表した。同社の調べによれば,携帯型音楽/動画プレーヤの世界売上高の成長率は,2008年に初めて10%を切ったという。In-Stat社は2008年の216億米ドルをピークに,世界売上高が2012年まで減少し続けると予測。その背景として,市場の成熟,世界経済の停滞,携帯電話機など他の携帯機器との競合を挙げた。Wi-Fi機能などの需要はあるものの,市場を活性化するには至らないと同社はみている。

 販売数量ベースではゆるやかな成長が続き,2012年の携帯型音楽/動画プレーヤの世界出荷台数は2億4500万台に達する見通し。このうち21%がWi-Fi対応機になるとIn-Stat社は予測する。