PR
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 2009年2月16日からスペインのバルセロナで開催された携帯電話関連の世界最大の展示会「Mobile World Congress 2009」が,2月19日に閉幕した。主催者のGSMAは,Mobile World Congressの期間中,189カ国から4万7000人以上が来場したと発表した(発表資料)。来場者数は前年の5万5000人から8000人ほど減少し,開催前に予想していた5万人も下回ったものの,1300社による展示スペースの面積は前年比11%増だった。

 今回のMWCについて,国内からの出展企業のある担当者は,「食事に並ぶ時間が短くなるなど,確かに入場者の減少を感じる場面はあった。それでも,十分に盛り上がっていると感じた。景気の悪化の影響はあるが,モバイル業界への期待はまだまだ高いのではないか」としていた。

 GSMAは,2009年秋にアジア版Mobile World Congressの「Mobile Asia Congress」を香港で開催する予定である。2008年まではマカオで開催していたが,その場所を移すことになる。GSMAは近日中に日程を発表するとしている。