PR

 米Maxim Integrated Products, Inc.は2009年2月19日,米Zilog Inc.から,無線制御事業とセキュア・トランザクション事業を買収したと発表した(発表資料)。Maxim社は,これら事業の獲得によって,2009年度以降の収益拡大を目指すという。

 無線制御事業については,米Universal Electronics Inc.と共同で買収した。Maxim社が獲得したのは,Zilog社の無線制御事業のハードウエア部門。同部門は,マイコン事業とそれに関わる知的財産権から成るという。今後,Maxim社はZilog社の無線マイコン製品群を,自社の超低消費電力赤外線用マイコン・ファミリに組み込む考え。一方,Universal Electronics社は,特許やソフトウエア,関連資産などからなるZilog社の無線制御事業のソフトウエア部門を獲得した。Maxim社の低消費電力マイコンとUniversal Electronics社の赤外線通信向けデータベースを組み合わせることによって,顧客が先進的な機能を搭載した高性能,および電池駆動時間の長いリモコンを設計・製造することが可能になるという。

 Maxim社が今回獲得したZilog社のセキュア・トランザクション事業の主な製品は,ARMベースの32ビット・マイコン・ファミリ「Zatara」。同ファミリは,クレジットカードの支払い端末などに利用されているという。Maxim社は,同事業の買収によって,POS(point of sale)端末やATM向け事業の強化を狙うとしている。