PR

 日本IBMは2009年2月23日,複数のソフトウエア開発者による共同作業を支援する「Rational Team Concert」(RTC)を発表した。同社が現在開発を進めている開発技術の基盤ソフトウエアである「Jazz」に準拠している。

 RTCは作業管理と構成管理,ビルド管理を一体とした,共同作業支援用のソフトウエア。ソフトウエア開発のワークフローを自動化し,成果物間の一貫性を作業アイテムごとに追跡できるという。プロジェクトの進捗やメンバーの状況などを自動収集し,リアルタイムに可視化できる。これらにより,開発チームで定めた作業プロセスを自動的に遵守できるようになるという。既に英語版は発売済みで,米IBM Corp.の調査によると50%近く生産性が向上したとする企業もあるという。

 Jazzは,ソフトウエア開発のライフサイクルを統合して,異なるツールを連携させるためのソフトウエア基盤。「Rational製品群のソフトウエアは,個別の開発者の生産性向上から始まり,ここにきてチーム開発の効率を向上させる方向へシフトしてきた。その基盤となるのがJazz」(日本IBM 理事 ソフトウェア事業Rational事業部長の渡辺公成氏)。仕様を公開することによって,他企業の開発ツールとの連携も可能にしている。RTCと同時に発表した要求定義ツール「Rational Requirements Composer」,テスト管理ツール「Rational Quality Manager」もJazzを通じて統合される。他社製品でJazzに対応した競合製品もあるという。