PR

 デジタル・ビデオ・レコーダ(DVR)大手の米TiVoは,セットトップ・ボックス(STB)向けソフトウエアを手がける韓国のAlticast,およびビデオ・オンデマンド(VOD)システムの米SeaChange Internationalと提携したことを,米国時間2009年3月2日に発表した。

 Alticastは,「OCAP/tru2way」や「Multimedia Home Platform(MHP)」を基盤にしたSTB向け技術を提供している。ハードウエアに依存しないため,消費者家電メーカーはBlu-rayディスクの再生機能やDVR機能を備えたSTBなど,付加価値を持つSTBを,コストを抑えながら短期間で開発できる。

 TiVo海外事業担当副社長兼ジェネラル・マネージャのJoshua Danovitz氏は,「ケーブルTVや衛星放送,IPテレビの事業者からは,当社のサービスを市場にすばやく投入するためのミドルウエア・ソリューションが必要という声が挙がっていた。Alticastとの提携により,各事業者はTiVoのユーザー・インタフェースや広告向けソリューションを,Alticastの技術を搭載したSTBを通じて提供できるようになる」と説明した。

 一方,SeaChange Internationalは,VODシステムやIPテレビ技術を手がけている。TiVoは同社のVOD技術を自社DVRに搭載し,ケーブルTVのオンデマンド・サービスを提供したい考え。今年後半に,一部の高解像度ケーブルTV向けSTBにおいて,サービスを開始する予定。

[発表資料(1)]
[発表資料(2)]