PR

 米Eye-Fiは米国時間2009年3月3日,無線LAN機能を内蔵したSDメモリー・カードの新製品「Eye-Fi Share Video」(4Gバイト)と,「同Explore Video」(4Gバイト)を発表した。デジタル・カメラで撮影した写真のほか,ビデオのアップロードを無線経由で行える。希望小売価格はそれぞれ79ドルと99ドル。3月中に販売を開始する。

 同社はこれまで,自宅の無線LANを介してパソコンにデジタル・カメラの画像(JPEG)をアップロードできる「Eye-Fi Home」(2Gバイト)と,パソコンのほかにオンラインの写真共有サイトへのアップロードが可能な「Eye-Fi Share」(2Gバイト)を提供していた。

 今回新たに追加したShare Videoは,Eye-Fi Shareにビデオのアップロード機能が加わったもの。「YouTube」や「Flickr」など,同社の提携サイトに,無線通信を介してビデオを投稿できる。

 Explore Videoではさらに,全米の1万カ所以上のホットスポットからのアップロードと,位置情報のタグ付けが行える。写真撮影時に,内蔵されているWi-Fi機能が自動的に位置情報を検出し,写真のメタデータに保存する。

 なお同社は新製品の追加に伴い,Eye-Fi Homeを49ドルに,Eye-Fi Shareを59ドルに値下げする。

[発表資料へ]