PR
今回発売するBlu-ray Disc録画機
今回発売するBlu-ray Disc録画機
[画像のクリックで拡大表示]

 シャープは,デジタル放送の映像をそのまま記録する場合と比べて,最大7倍長く録画できるBlu-ray Disc録画機を発売すると発表した(発表資料)。「AQUOSブルーレイ」シリーズとして,「BD-HDW40」「BD-HDW35」「BD-HDW32」「BD-HDS32」の4機種を用意する。BD-HDW40とBD-HDW35,BD-HDW32の3機種は,地上デジタルやBSデジタル,CS110度デジタル放送用のチューナーを2基ずつ搭載した機種,BD-HDS32は1基搭載した機種である。発売日は,BD-HDW40とBD-HDW35,BD-HDW32が2009年3月27日,BD-HDS32は2009年4月27日。価格はオープン。

 MPEG-2のデータを一部利用して,MPEG-4 AVC/H.264に高効率変換するトランスコーダーを搭載したことで,デジタル放送をHDTV映像のまま最大7倍の時間,録画できるようになったとする。記録容量50Gバイトの2層のBlu-ray Disc媒体に,最大30時間20分の録画が可能。デジタル放送のデータのうち,映像データのみを圧縮効率の高い方式に変換することで,「2倍モード」や「3倍モード」で録画する場合でも,番組連動データとサラウンド音声はそのまま記録できるという。デジタル放送の画質そのままで内蔵HDDに録画した番組を,Blu-ray Disc媒体に記録する場合に,Blu-ray Disc媒体の容量の残量に合わせて,12段階の画質から最適な画質に自動変換する機能も持つ。

 AVCHD方式のビデオ・カメラで撮影したHDTV映像を,内蔵HDDに取り込んだり,Blu-ray Disc媒体に記録することも可能。また,書き換え型の媒体BD-REに予約情報を書き込める「BDディスク予約」機能を搭載。本体内で録画予約の書き込みを行ったBD-REは,Blu-ray Disc録画機を内蔵するシャープの液晶テレビ「AQUOS DXシリーズ」に入れるだけで,番組の録画ができる。さらに,本体から再生する映像に応じて,同社の液晶テレビAQUOS(対応機種のみ)が最適な画質に自動的に切り替わる「AQUOS純モード」も搭載する。

 内蔵HDDの容量は,BD-HDW40が1Tバイト,BD-HDW35が500Gバイト,BD-HDW32とBD-HDS32が320Gバイト。録画可能媒体は,BD-RE Ver2.1(1層/2層),BD-R Ver1.1/1.2/1.3(1層/2層),DVD-RW,DVD-R,DVD-R DL。HDTV映像を内蔵HDDからBlu-ray Disc媒体へダビングする速度は最大約40倍速。

【訂正】記事掲載当初,第2段落で「記録容量50Gバイトの2層のBlu-ray Disc媒体に,最大3時間20分の録画が可能」と掲載しておりましたが,正しくは「記録容量50Gバイトの2層のBlu-ray Disc媒体に,最大30時間20分の録画が可能」です。お詫びして訂正いたします。記事本文は既に訂正済みです。