PR

 東海旅客鉄道(JR東海)は,東京・新大阪間を走行する「N700系」新幹線の車両内で,無線LAN機能を備えたパソコンなどの端末からインターネットに接続できるサービスを2009年3月14日に開始する。サービス開始当初は,NTTドコモ,NTTコミュニケーションズ,ソフトバンクテレコム,UQコミュニケーションズ,およびそれらの提携事業者が提供する公衆無線LANサービスのいずれかに加入していることが利用の前提となる。

 同サービスのデータ伝送速度は最大2Mビット/秒程度。車両内は無線LANで,車両からインターネットへは漏洩同軸ケーブル(LCX)経由で接続する。

 また,東京・新大阪間の新幹線駅の待合室での無線LANでのインターネット接続サービスを同年3月中に,従来の6駅から全17駅に拡大する。待合室でのデータ伝送速度は最大で54Mビット/秒という。