PR
コントローラは本体からイヤフォンコードへ
コントローラは本体からイヤフォンコードへ
[画像のクリックで拡大表示]
従来モデルの約半分に小型化
従来モデルの約半分に小型化
[画像のクリックで拡大表示]
シルバーとブラックの2色
シルバーとブラックの2色
[画像のクリックで拡大表示]

 米Appleは米国時間2009年3月11日,第3世代モデルとなる携帯型音楽プレーヤ「iPod shuffle」を発売した。従来モデルの約半分に小型化し,曲名などを通知する機能を追加した。容量は最大1000曲を保存可能な4Gバイト。シルバーとブラックの2色を用意する。米国での希望小売価格は79ドル。

 新モデルでは,曲名,アーティスト名,プレイリスト名などを音声で知らせる「VoiceOver」機能を提供する。イヤフォンコードに付いているコントローラ中央部のボタンを押すと,再生中の曲名とアーティスト名を聞くことができる。iPod shuffleでは初めて,複数のプレイリストをダウンロードできるようになっており,同じボタンを長押しすればプレイリストの切り替えが行える。またバッテリ残量などの本体情報も通知する。

 本体からコントローラをイヤフォンコードに移したことで,高さ45.2mm,幅17.5mm,薄さ7.8mmという「単3電池より小さい」(同社)本体サイズを実現した。素材は従来モデルと同じアルミニウム製で,バッテリ駆動時間は最長10時間。

 VoiceOver機能は日本語,英語,チェコ語,オランダ語,フランス語,ドイツ語,ギリシャ語,イタリア語,中国(北京)語,ポーランド語,ポルトガル語,スペイン語,スウェーデン語,トルコ語の,合計14言語に対応する。曲名とアーティスト名に最適な言語を,iTunesが自動的に選択して読み上げる。

 対応OSは, Mac OS X v10.4.11以降,Windows Vista,Windows XP Home/XP Professional以降。iTunesはバージョン8.1以降が必要となる。

[発表資料へ]