PR

 いすゞ自動車は、燃料噴射装置の燃料供給ポンプの不具合により、「エルフ」「フォワード」「同ジャストン」「エルガ」「同ミオ」、およびOEM供給している日産自動車「アトラス」、日産ディーゼル「コンドル」、マツダ「タイタン」の8車種、合計1万8642台をリコールすると発表した。不具合は、燃料供給ポンプのシリンダの材質が不適切なため、シリンダ内部に水分が付着してさび、亀裂が入ることがあるというもの。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料