PR

 米Analog Devices, Inc.は,信号線と電源線の両方を絶縁したRS-485/422トランシーバIC「ADM2587E/ADM2582E」を発売した。ライン・ドライバやライン・レシーバ,発振器,整流回路,レギュレータ,トランスを1チップに集積し,実装面積が10mm×13mmと小さい20端子WSOPに封止したことが特徴だ。このため,「従来のICを使う場合に比べて,実装面積と部品点数を80%程度削減できる」(同社)という。トランスや電源用インダクタは,同社の「iCoupler」技術と「isoPower」技術を利用して作り込んだ。プログラマブル・ロジック・コントローラ(PLC)やモータ制御,産業用フィールド・バス,ビル管理システム,通信機器などに向ける。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料