PR
今回開発した技術の概要
今回開発した技術の概要
[画像のクリックで拡大表示]

 東芝は,京都大学大学院 工学研究科 都市環境工学専攻 准教授の伊勢史郎氏やアクティモと共同で,補助スピーカーを用いることによって,原音を忠実に再生する「音忠実再生技術」を開発したと発表した(発表資料)。

 今回開発した技術は,メイン・スピーカーから音を発生させた場合に生じる原音以外の音を,補助スピーカーが発する音で打ち消すというもの。具体的には,筐体や支持部分の剛性不足によって発生する原音以外の音に対して,それと逆位相の音をメイン・スピーカーに付与した補助スピーカーから発生させ,余分な音を打ち消す。これによって,原音に忠実な音の再生を可能にするという。

 東芝によれば,標準筐体のスピーカーでは発生する音の約4割程度が原音以外の音で,小型および薄型AV機器に使用される肉厚が薄いABS筐体では,それと同等以上の音が原音以外の音という。今回の技術を使った基礎実験では,これらの原音以外の音を90%以上低減できることを確認したとする。

 今後は,製品への搭載に向けた研究開発に取り組む予定。

 なお,東芝らは,この研究の成果を2009年3月17日から開催される「日本音響学会 2009年春季研究発表会」において発表する予定である。