PR

 エル光源は,蓄電装置としてLiイオン・キャパシタを利用した照明灯「スモールキャパ」を発売した。小型の太陽電池を備えており,昼間に発電した電力を蓄電して点灯させる。Liイオン・キャパシタには,アドバンスト・キャパシタ・テクノロジーズの「Premlis A5000」(静電容量5000Fで単位体積当たりのエネルギー密度は25Wh/kg)を採用した。搭載した2個のPremlisによって16.6Whの蓄電能力を備える。キャパシタの内部抵抗が5mΩ未満と小さいので,鉛蓄電池などの蓄電デバイスでは対応できなかった日照が弱い曇りの日でも蓄電できるとしている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料