PR

 セントラル硝子と米IBM社は,世界規模で拡大する飲料水不足への対策に有効な水処理膜材料の開発に成功した。米IBMの研究施設において,両社の研究員が共同で,水の塩分やヒ素などを効果的に除去できる材料を開発した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

「初割」実施中!日経電子版とセットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料