PR

米Applied Materials Inc.(AMAT)は,Siインゴットから120μmと薄い太陽電池用ウエーハを切り出せるスライシング装置「Applied HCT MaxEdge」を発表した。AMATによれば,この装置を利用してウエーハ当たりのSi使用量を減らすことなどで,多結晶Si型太陽電池セルの製造コストを約0.18米ドル/W削減できるという(多結晶Siの価格を55米ドル/kgと仮定した場合)。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料