PR

 ドイツPorsche社は、2009年に発売する新型スポーツカー「Panamera」で、アイドリングストップ機構や軽量のボディ材料、リアウイングなどを採用すると発表した。アイドリングストップ機構とDCTを組み合わせた燃費(NEDC)は、後輪駆動のモデルSの場合で9.2L/km。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料