PR

 JFEテクノリサーチは、衝撃エネルギの吸収特性に優れた軽量中空鉄球「TEC-BALL」を開発した(図1)。直径3~4mmで肉厚が70~100μm、見かけの密度が0.8~0.9g/cm3という水に浮くほど軽い鉄球で、衝撃エネルギの吸収性や断熱性、防振性に優れている。自動車用の衝撃エネルギ吸収材(バンパ周り、センターピラーなど)や、エレクトニクス関連装置の防振材(半導体製造装置、顕微鏡など)に向けて実用化を進めており、今後、各種産業分野への適用も進めていく。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料