PR

 東レは,有機薄膜太陽電池で5.5%の変換効率を実現するp型(ドナー)の有機半導体材料を開発した。今回のp型の有機半導体材料のポイントは,分子設計と合成の工夫によって,二つのことを実現した点にある。一つは,n型(アクセプタ)の有機半導体材料とのエネルギー準位(空間電位)の差を大きくしたことで,約1Vの高い開放電圧を実現したことである。もう一つは,n型半導体材料との分散混合液を塗布してpn接合を形成する際,単位体積当たりのpn接合界面の表面積を拡大できるようになったことである。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料