PR
専用周辺機器「OnLive MicroConsole」と無線のコントローラ
専用周辺機器「OnLive MicroConsole」と無線のコントローラ
[画像のクリックで拡大表示]

 米OnLiveは米国時間2009年3月24日,高機能ビデオ・ゲーム機を必要としないオンライン・ゲーム・サービス「OnLive Game Service」を発表した。テレビ画面やパソコン上でゲームを楽しめる。月額制で今年の冬にサービスを正式スタートする予定。

 専用周辺機器「OnLive MicroConsole」をテレビと家庭内ブロードバンド・ネットワークに接続し,無線のコントローラで操作しながらテレビ画面でゲームができる(写真)。

 インターネットに接続したパソコンに,同社サイト「OnLive.com」で提供しているブラウザ・プラグインをインストールすれば,低スペックの機種でも高性能のゲームが楽しめるという。

 テレビとパソコンのいずれで利用する場合でも,複数ユーザーで対戦することが可能。

 同サービスでは,他のユーザーがプレイ中のゲームを閲覧し,いつでも参加することができる。ソーシャル・ネットワーキング・ツールを使って,友人とスコアを競い合うことも可能。

 同社によると,米Electronic Arts(EA),フランスUBISOFT,米Take-Two Interactive Software,米Warner Bros. Interactive Entertainment,米THQ,米Epic Games,米Eidos,米Atari,英Codemastersなどのビデオ・ゲーム・ベンダーがサポートを表明している。

 OnLive設立者兼CEOのSteve Perlman氏は,「高価で短命なハードウエアに依存しない,ゲームそのものに価値を置いた同サービスにより,ゲーム業界の経済を劇的に変える」と述べている。

 米メディアの報道(CNET News.com)によれば,現在限定的なベータ・テストを実施中で,夏に公開ベータ版を提供する予定という。

[発表資料へ]