PR
LUMIX DMC-GH1K
LUMIX DMC-GH1K
[画像のクリックで拡大表示]
背面
背面
[画像のクリックで拡大表示]
壇上で説明するパナソニック デジタルAVCマーケティング本部 本部長の西口史郎氏
壇上で説明するパナソニック デジタルAVCマーケティング本部 本部長の西口史郎氏
[画像のクリックで拡大表示]
宣伝キャラクターを務める「女流一眼隊」の方。(真ん中は樋口可南子さん)
宣伝キャラクターを務める「女流一眼隊」の方。(真ん中は樋口可南子さん)
[画像のクリックで拡大表示]

 パナソニックは2009年3月25日,HDTV動画を撮影できるレンズ交換式のデジタル・カメラ・キット「LUMIX DMC-GH1K」の記者発表会を開催した(発表資料)。同製品は,ミラー・ボックスを搭載しないレンズ交換式カメラの規格「マイクロフォーサーズシステム」に準拠する。同社が発売する同規格準拠の製品の第2弾で,前機種の「LUMIX DMC-G1」(Tech-On!の関連記事)との大きな違いは,HDTV映像を撮影できる点である。発売日は2009年4月24日。価格はオープン。レンズ1本を同梱するキットとして販売する。

 動画は,本体の背面に設けた「動画ボタン」を押すと撮影できる。動画形式はAVCHDとQuickTime Motion JPEGに対応。AVCHDでは,1920×1080/60iや1280×720/60pの動画を撮影できる。QuickTime Motion JPEGでは,1280×720画素の動画を30フレーム/秒,848×480画素の動画を30フレーム/秒で撮影可能。動画撮影時のオートフォーカスにも対応する。新たに開発した同梱のレンズを採用したことで実現したとする。同レンズは,リニアモーターを採用し,高精度と静音化を図った。動画と静止画を両立させる新しい絞り駆動方式を搭載しているという。

 動画撮影時も,被写体の情報から,最適な撮影モードを自動的に判別する「おまかせiAモード」が使用できる。暗い室内の撮影でも,画面全体の中から暗い部分だけを明るく自動補正する機能も搭載する。「クリエイティブ動画モード」では,絞り優先やシャッター速度優先での動画撮影も可能。AVCHDで撮影した動画を記録したSDメモリーカードを,パナソニックのAVCHD対応機器に差し込めば,再生や保存ができる。

  本体の重さは約385g。付属のレンズや電池,メモリーカードをつけた場合は約903g。突起部を除いた外形寸法は,幅124mm×高さ89.6mm×奥行き45.2mm。マイクロフォーサーズシステムの採用によって,小型化・軽量化を図った。女性ユーザーや初心者にとっての敷居を下げ,新たなユーザーの取り込みを狙う。

 撮像素子は,有効画素数1210万画素の4/3型「Live MOSセンサー」を搭載。4チャネルの高速読み出しによって,HDTV映像に対応する。新たな回路構造を採用することで,高感度撮影時には,同社の従来品に比べてISO感度1~2段分程度のノイズの低減を図ったとする。画像処理LSIは「ヴィーナスエンジンHD」。高い解像力と豊かな色再現性に加え,高性能なノイズ・リダクション回路を備える。2つのマイクロプロセサで構成しており,高速処理が可能とする。

 このほか,LUMIX DMC-G1と同じく,接眼して用いる電子ファインダーと液晶モニターを自動で切り替える「Wライブビュー」機能も備える。

 静止画の記録形式は,JPEGやRAWに対応する。記録媒体はSDメモリーカードとSDHCメモリーカード。ディスプレイに46万画素の3.0型液晶パネルを採用する。

 インタフェースにAV出力,USB 2.0 High SPEED,HDMI端子を備える。