PR
基調講演に立つ任天堂の岩田聡代表取締役社長
基調講演に立つ任天堂の岩田聡代表取締役社長
[画像のクリックで拡大表示]

 「Game Developers Conference(GDC)」の基調講演で,任天堂 代表取締役社長の岩田聡氏が登壇し,任天堂 代表取締役 専務の宮本茂氏のゲーム作りのプロセスを紹介した(Tech-On!関連記事)。

 「基本的なアイデアからスタートするところは,どんなコンテンツ開発とも変わらない。ただし宮本氏の場合,たとえ趣味であってもそれをゲームに繋げてしまうところがある」(岩田氏)。例えばガーデニングを始めてから「ピクミン」が生まれ,子犬を飼いだしてから「Nintendogs」が生まれたという。

 ただそこで問題となるのは,ゲームとしてのおもしろさをいかに抽出するかである。宮本氏は必ず少人数のチームで,プロトタイプを作ってゲームとしてのおもしろさのポイントがどこにあるのかを検証するという。「この時点のプロトタイプはとてもラフなものだが,コアのコンセプトを固めるには十分。逆にコアのコンセプトを固めないと,実際に作り始めたときにズレが生じてしまう」(岩田氏)。プロトタイプの段階でトライ&エラーを繰り返し,場合によっては2年以上かけたこともあったという。

 また開発者でない社員を“誘拐”し,ゲームをやらせてみることもする。ただしよくあるユーザビリティ評価のように,「目的は何かとか教えないし,後でインタビューをするわけでもない。後ろからじっと観察して,ユーザーが何かにひっかからないか,本当に満足しているのかなどを見極める」(岩田氏)。