PR

 「Game Developers Conference(GDC)」の「Level-5's Techniques to Producing a Hit Game」というセッションで,レベルファイブ代表取締役社長の日野晃博氏がゲーム・ソフトの発行者から見た面白いゲームを売り続ける仕組みについて語った。同社は「レイトン教授の不思議な町」「イナズマイレブン」など,ヒット作を連発している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料