PR

 川崎重工業は,新潟市の北東約30km沖合いに位置する,岩船沖油ガス田の洋上プラットフォーム向けに,ガスタービン発電設備を受注したことを明らかにした(図)。同油ガス田は,国内で唯一の海洋油ガス田として,現在は原油と天然ガスの生産/開発が進行中。こうした過酷な使用環境である海洋石油・ガス掘削プラットフォーム向けのガスタービン発電設備の受注は,今回が初めてとなる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料