PR
開発キットの構成
開発キットの構成
[画像のクリックで拡大表示]

 米Microchip Technology, Inc.は,20ピン以下の8ビット・マイコン「PIC」を使って簡単に開発を行える「PICDEM」実験開発キットを発表した(発表資料)。PICDEM実験開発キットは,これまでマイクロコントローラに触れた事がないような生徒に対する基本的な教育を行うために効果的なもので,ポピュラーな5種類の8ビット・マイコンとディスクリート部品のパック,デバッガ/プログラマ,ユーザーズガイド,サンプルを納めたCDで構成される。8ビットのPICを使ってアプリケーションを迅速に作り上げるために必要な全ての要素が含まれているという。

 PCIDEM実験開発キットには半田付け不要で回路を構成できるブレッドボードエリアが用意され,「ハンドオン」で様々な回路を構成できる。これを使って基本的な周辺回路を構成し,更にそれを基に機能を強化するといったトレーニングが可能である。このため,マイクロコントローラがどうアナログ回路と組み合わされるかの知識が薄い,あるいは全くないユーザーへのトレーニングにも適す。

 PICDEM実験開発キットに含まれる実験のコードサンプルはC言語で記述されており,無償で入手できる「HI-TECH C」コンパイラで利用できる。また,Matrix Multimedia社の「Flowcode V3 VPE(Visual Programming Environment)」の無償版も3月の後半に入手可能である。これを利用すれば,フローチャートベースの手法で組み込みアプリケーションを開発できる。

 PICDEM実験開発キット124.99米ドルで入手できる。