PR
シャープ代表取締役社長の片山幹雄氏
シャープ代表取締役社長の片山幹雄氏
[画像のクリックで拡大表示]

 シャープは2009年4月8日,大阪府堺市に建設中である「21世紀型コンビナート」の液晶パネル工場を,2009年10月に稼動すると発表した( 発表資料 )。同社は堺市の液晶パネル工場を2010年3月までに稼働すると計画していたが,半年近く前倒しする。

 シャープ代表取締役社長の片山幹雄氏は,堺市の液晶パネル工場を前倒しで稼働する理由として,市場変化に伴う需要の増加を挙げる。実際,「この2週間でびっくりするくらい市場は動き始めた。(テレビ向け液晶パネルの主力工場である)亀山第2工場は,既にフル稼働状態だ。現在,亀山第1工場は稼働していないため,少なくとも2009年の秋に堺工場を稼働させなければ,まったく足りなくなってしまう」(片山氏)と説明した。

 堺市の液晶パネル工場は,「第10世代」と呼ばれる外形寸法が2880mm×3130mmのガラス基板を使う。主に,40~60型級のテレビ向け液晶パネルを生産する。生産能力はガラス基板の投入量で稼働当初は3万6000枚/月,最大で7万2000枚/月を予定する。

■変更履歴
記事掲載当初,第10世代のガラス基板の外形寸法を2850mm×3050mmとしていましたが,正しくは2880mm×3130mmです。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。