PR
蓄電機能を備えたHEMS
蓄電機能を備えたHEMS
[画像のクリックで拡大表示]
5kWhのLiイオン2次電池を搭載した試作品
5kWhのLiイオン2次電池を搭載した試作品
[画像のクリックで拡大表示]

 トヨタ自動車とトヨタホームは,蓄電機能を備えたホーム・エネルギー・マネジメント・システム(HEMS)の開発に本格的に着手したと2009年4月14日に発表した。同社では2011年に実用化のメドをつけ,トヨタホームから試行販売する計画。将来的に本格販売する際には,数十万円程度の価格を想定しているという。

 現在のHEMSはエネルギー使用状況を示す表示機能と,エアコンや照明などの家電製品の制御機能が主である。トヨタ自動車とトヨタホームが開発を進めるシステムは,これらの機能に加えて,電力を貯蔵する蓄電機能を追加したのが特徴。安価な夜間電力をはじめ,家庭用太陽光発電で昼間に発電した余剰電力をLiイオン2次電池などの蓄電池に貯蔵して,昼間など電力が不足する際に利用する。

 今回開発を進めているシステムは,蓄電池と電力変換器,制御器で構成する本体と,屋内で利用する表示・操作盤から成る。開発はトヨタ自動車が主体となり,トヨタホームが商品企画を担当する。装置の本体はデンソーが,表示部分はミサワホームがそれぞれ協力する。

 トヨタ自動車は既に,Liイオン2次電池を用いた一次試作品を完成させている。蓄電容量は5kWhである。実用化の際に使用する電池については今後,住宅の電力負荷を想定した評価などを実施しながら検討していく。さらに近い将来,普及が見込まれるプラグイン・ハイブリッド車(PHEV)や電気自動車(EV)などとHEMSの連携も視野に入れているとする。