PR
CompoBank社が試作した3Dデジカメ(表側)。
CompoBank社が試作した3Dデジカメ(表側)。
[画像のクリックで拡大表示]
3Dデジカメの裏側
3Dデジカメの裏側
[画像のクリックで拡大表示]
7型の3Dフォト・フレーム。動画も表示可能とする。
7型の3Dフォト・フレーム。動画も表示可能とする。
[画像のクリックで拡大表示]

 韓国CompoBank,Co.,Ltd.は,早ければ2009年秋にも3次元(3D)写真が撮影できるデジタル・カメラと,その写真を表示できる7型の3Dデジタル・フォト・フレームを発売する。同社の日本代理店であるワールドワイドディスプレイが明らかにした。

 CompoBank社は,既に3Dデジタル・カメラの試作品を開発済み。3D映像のデータ形式は,視差バリア方式の3Dディスプレイを想定した,左目と右目それぞれに向けた2枚の映像データを単純に並べる「サイド・バイ・サイド」という方式。ただし,赤青メガネを用いる「アナグリフ方式」や,レンチキュラ・レンズ・シートを用いる3D印刷など向けに出力を切り替えられるようにする,という。

 3Dデジタル・フォト・フレームは,2視点の視差バリア方式で3D映像を裸眼でも見えるようにするタイプ。画素数は800×480画素である。2次元の写真や動画を3Dに変換する機能も備えているという(Tech-On!関連記事1)。

 3D映像の撮影・表示システムは,富士フイルムが2009年内の発売を予定する(Tech-On!関連記事2)。ワールドワイドディスプレイも「できるかぎりデータ形式などを合わせて,互換性を持たせるようにしたい」という。