PR

 NECは2009年4月22日,デジタル・サイネージ事業の強化に向けて,新組織を設置したと発表した(発表資料)。組織名は「通信メディアサービスソリューション事業部 デジタルサイネージビジネス推進グループ」。デジタル・サイネージ事業の統轄部門として,同事業を強化する。NECグループ内でデジタル・サイネージ関連の企画や開発,システム構築,営業の中核を担ってきたメンバーを集結させた。

 具体的には,NECのデジタル・サイネージ・システム「eye flavor」(Tech-On!の関連記事)や業務用ディスプレイ,配信ソフトウエア,配信ネットワーク,広告などのコンテンツを組み合わせたシステムの構築/運用のほか,データの集計/分析などを含めた総合的なサービスを提供する。医療や自治体,金融,流通といった社内の各種業種システム部門と連携し,それぞれの業種に向けたサービスを強化する。さらに,SaaS型サービスの提供や海外市場での事業展開も視野に入れる。