PR
[画像のクリックで拡大表示]

 米Google Inc.は,Webブラウザー上で動作する,3Dグラフィックスに対応したアプリケーションを作成するためのAPI「O3D」を発表した(発表資料)。ゲームや広告,3Dモデルのビューアー,製品デモといった多様なアプリケーションを作ることが可能になるという。ただし,O3Dはまだ初期段階にあり,ブラウザー上の3Dグラフィックスに関する公開の議論を深めるために発表したとする。同社のWebサイト上で提供する。

 プラグインとして動作する。WindowsやMac OS,Linuxといった複数のOSやブラウザーに対応する。JavaScriptを用いてアプリケーションを開発できるという。

 さらに,Google社は開発者が3D対応のAPIに,所望の機能や特徴などを提案できるインターネット上のフォーラムも開設したとしている。